コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀泰山 しが たいざん

1件 の用語解説(志賀泰山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀泰山 しが-たいざん

1854-1934 明治-昭和時代前期の林学者。
嘉永(かえい)7年8月21日生まれ。志賀天民の次男。大学南校で鉱山学をまなび,明治18年森林学研究のためドイツに留学。帰国後,初代の東京大林区署長,帝国大学教授,農商務省山林局営林技師などをつとめ,官林経営の基礎づくりに貢献。退官後は,木材防腐の研究に専念した。昭和9年2月5日死去。81歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

志賀泰山の関連キーワード合田平田中譲津山英吉西田恒夫西野藤助橋本文雄(1)原田金之祐牧朴真松田清一三浦第二郎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone