志賀為吉(読み)しが ためきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀為吉 しが-ためきち

1825-1871 幕末の武士。
文政8年生まれ。平田篤胤(あつたね)の甥(おい)。志賀祐五郎(すけごろう)の父。陸奥(むつ)久保田藩(秋田県)藩士。藩校明徳館教授,評定奉行,砲術頭取などを歴任。戊辰(ぼしん)戦争に際しては藩論を尊王にまとめ,維新後,参政,少参事となる。藩政をめぐる内紛から小室克三らにおそわれて重傷を負い,明治4年3月25日死去。47歳。名は光新(みつよし)。字(あざな)は徳卿(とくきよう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android