コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀祐五郎 しが すけごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀祐五郎 しが-すけごろう

1863-1919 明治-大正時代の新聞記者。
文久3年10月4日生まれ。志賀為吉の4男。岡松甕谷(おうこく)に儒学をまなぶ。井上馨が朝鮮公使のときに「東京日日新聞」記者として特派され,通信文「韓山風雲録」が評判となる。明治30年「台湾日報」主筆となり,のち黒竜会にはいる。大正8年2月7日死去。57歳。出羽(でわ)久保田(秋田県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

志賀祐五郎の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android