コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀祐五郎 しが すけごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀祐五郎 しが-すけごろう

1863-1919 明治-大正時代の新聞記者。
文久3年10月4日生まれ。志賀為吉の4男。岡松甕谷(おうこく)に儒学をまなぶ。井上馨が朝鮮公使のときに「東京日日新聞」記者として特派され,通信文「韓山風雲録」が評判となる。明治30年「台湾日報」主筆となり,のち黒竜会にはいる。大正8年2月7日死去。57歳。出羽(でわ)久保田(秋田県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

志賀祐五郎の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android