コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀祐五郎 しが すけごろう

1件 の用語解説(志賀祐五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀祐五郎 しが-すけごろう

1863-1919 明治-大正時代の新聞記者。
文久3年10月4日生まれ。志賀為吉の4男。岡松甕谷(おうこく)に儒学をまなぶ。井上馨が朝鮮公使のときに「東京日日新聞」記者として特派され,通信文「韓山風雲録」が評判となる。明治30年「台湾日報」主筆となり,のち黒竜会にはいる。大正8年2月7日死去。57歳。出羽(でわ)久保田(秋田県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

志賀祐五郎の関連キーワード石英岩中島名左衛門アメリカ音楽ドイツ映画サイモン委員会売られた花嫁ゲティスバーグ池内大学奥田万次郎河上弥市

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone