評定奉行(読み)ひょうじょうぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

評定奉行
ひょうじょうぶぎょう

鎌倉,室町幕府職名評定衆を指揮し,評定寄合を主宰した。評定衆の長老が補せられ,引付頭人を兼ねた。建長3 (1251) 年鎌倉幕府においては安達義景が,室町幕府においては畠山国清が最初の評定奉行に任命された。室町時代中期には摂津氏の世襲となったが,常置の職ではなかった。ほかに建武新政府下の鎮守府,室町幕府下の鎌倉府にも評定奉行がおかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

評定奉行
ひょうじょうぶぎょう

鎌倉・室町幕府における職名。評定衆中の長老から選任されて、評定会議の幹事役を勤める。鎌倉幕府においては、1251年(建長3)6月の評定を安達義景(あだちよしかげ)に奉行させたことに始まるとされる。以後、引付頭人(ひきつけとうにん)を兼ねる評定衆の長老のうち、北条氏以外から選任される例となった。室町幕府もこの職制を受け継ぎ、足利尊氏(あしかがたかうじ)は畠山国清(はたけやまくにきよ)を任命した。その後、評定衆を出す家のうち、佐々木、二階堂(にかいどう)、摂津(せっつ)氏などから年功によって選任された。やがて応仁(おうにん)の乱(1467~77)以後は摂津氏の世襲するところとなったが、評定制そのものの衰退に伴って、評定奉行も常置されなくなり、単に評定始(はじめ)の儀式を行うだけになった。[山本博也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょうじょう‐ぶぎょう ヒャウヂャウブギャウ【評定奉行】

〘名〙 鎌倉・室町幕府の職名。政所(まんどころ)評定を総管し、評定衆の進退を指図した職。評定衆の中から長老を選んで補任し、引付頭人をも兼ねた。〔花営三代記‐応安四年(1371)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android