コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀理斎 しが りさい

1件 の用語解説(志賀理斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀理斎 しが-りさい

1762-1840 江戸時代後期の儒者。
宝暦12年11月10日生まれ。柳川重信(2代)の父。江戸の人。幕府につかえる伊賀者(いがもの)の家に生まれる。儒学,和学に通じ,文政のころ江戸城奥詰となり,のち金奉行となる。天保(てんぽう)11年1月12日死去。79歳。名は忍。字(あざな)は子堪。通称は理助。別号に天鶏山人。著作に「老の繰言」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

志賀理斎の関連キーワードアヘン戦争ビュート伯後桜町天皇桃園天皇後桜町天皇シラン桃園天皇市村羽左衛門女帝中島三甫右衛門

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone