コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忘れえぬ人々 わすれえぬひとびと

世界大百科事典 第2版の解説

わすれえぬひとびと【忘れえぬ人々】

国木田独歩短編小説。1898年(明治31)4月,《国民之友》に発表。溝口(みぞのくち)(現,川崎市)の旅館亀屋で,無名の文士大津が,たまたま泊まりあわせた画家の卵秋山に物語る形式となっている。大津には,親兄弟や先生と違って忘れても義理を欠くわけでもないのに,妙に忘れられない何人かの人々がいる。瀬戸内海通いの汽船の甲板から見た寂しい小島の漁夫,阿蘇山のふもとで見た馬子,四国の三津が浜で見た琵琶僧などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

忘れえぬ人々の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ[各個指定]芸能部門

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忘れえぬ人々の関連情報