コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応天皇后 おうてんこうごうYing-tian huang-hou; Ying-t`ien huang-hou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応天皇后
おうてんこうごう
Ying-tian huang-hou; Ying-t`ien huang-hou

[生]乾符6(879)
[没]応暦3(953)
中国,の太祖耶律阿保機 (やりつあぼき) の皇后。述律氏出身。諱は平小。字は月理朶。諡は淳欽皇后。女性ながら剛胆勇武。太祖とともにタングート (党項) を攻撃し,虚に乗じて襲ってきた室韋 (しつい) に対し,兵を統率して待受け,撃破した。名は諸夷に響き渡った。また渤海国を平定し,華北に侵入。太祖没後,国事と軍政を代行。長男の東丹王倍を退け,次男の太宗を即位させたが,太宗没後末子李胡を皇帝にと考え,すでに即位した倍の長男世宗と争ったが敗れて祖州に移され,その地で没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

応天皇后の関連キーワードルイ3世リューリクヤークーブ・イブヌル・ライスルイ2世(吃盲王)カルロマン大相撲都良香文徳実録リューリク官田

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android