コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室韋 しつい Shi-wei; Shih-wei

5件 の用語解説(室韋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室韋
しつい
Shi-wei; Shih-wei

6世紀中頃から唐代まで中国東北地方 (旧満州) にいた部族。初めチチハルを中心として嫩江 (のんこう) の下流域を本拠としていたが,次第に勢力範囲を拡大し,唐代には,東は黒竜,松花両江の合流点,西はモンゴル高原突厥,南は契丹に接するにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しつい〔シツヰ〕【室×韋/失×韋】

6世紀から10世紀にかけて、中国北東部の嫩江(のんこう)流域を中心に居住した部族。蒙古族とツングース族との混血といわれる。以降は、韃靼(だったん)・阻卜(そぼく)と同義に用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しつい【室韋 Shì wéi】

6~11世紀に中国東北を中心に居住した部族の集団。失韋とも記す。544年(武定2)東魏に朝貢して,その存在が知られるようになった。隋代に嫩江(のんこう)沿いに5部に分かれて居住し,農耕,狩猟を営んでいた。唐代には東方に広がり,またモンゴル高原北東部に居住し牧畜,狩猟を営む多くの部が加わり,20余部となった。これら西方の室韋は,突厥,ウイグルと境を接し,彼らによってタタールと称された。またこれらの室韋の中には,のちの蒙古(モンゴル)が蒙兀(もうごつ)(蒙瓦(もうが))部という名で含まれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しつい【室韋】

六世紀中頃から一〇世紀にかけて、中国東北部にいた部族。モンゴルとツングースの混血といわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室韋
しつい

中国、南北朝時代、6世紀中ごろから唐代まで、中国東北地区を本拠とした民族。モンゴル系にツングース系が混血したものという。初め興安嶺(こうあんれい)の東に拠(よ)っていたが、隋(ずい)代にしだいに勢力を広め、唐代にはその領域は黒竜江(アムール川)・松花江の合流点からモンゴル高原の突厥(とっけつ)に接するに至った。中国と交易を行うことが多かったが、ときには、突厥、契丹(きったん)などとともに中国北辺に侵入した。しかし、統一国家を建設するには至らなかった。唐代、興安嶺の西にいた蒙兀(もうごつ)室韋の後裔(こうえい)が、チンギス・ハンの出たモンゴルである。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

室韋の関連キーワードタミル東夷フィン人沃沮和僑ガムラウプサラパルシーカルムイクチワン族(壮族)マオナン族(毛難族)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone