コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠範王 ただのりおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忠範王 ただのりおう

?-880 平安時代前期,賀陽(かや)親王の王子。
桓武(かんむ)天皇の孫。中務大輔(なかつかさのたいふ),侍従をへて,貞観(じょうがん)12年民部大輔となった。元慶(がんぎょう)4年2月6日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

忠範王の関連キーワードルイ3世アルヌルフ[ケルンテンの]リブモン条約外車船ジョン コンラッズ金本知憲川端商店街の火災太田房江知事の政治とカネ問題ゴルフ場と練習場の来客数裁判所の速記官

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android