快翁玄俊(読み)かいおう げんしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

快翁玄俊 かいおう-げんしゅん

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越前(えちぜん)(福井県)慈眼寺の天真自性に師事し,その法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,丹波永沢寺(兵庫県),伯耆(ほうき)(鳥取県)竜泉寺の住持をへて,石見(いわみ)(島根県)永谷寺,伊賀(いが)(三重県)広禅寺をひらいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android