コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思ひ染む オモイシム

デジタル大辞泉の解説

おもい‐し・む〔おもひ‐〕【思ひ染む】

[動マ四]心に深く思う。深く心に感じる。
「いとあはれとものを―・みながら」〈桐壺
[動マ下二]おも(思)いし(染)める」の文語形

おもい‐そ・む〔おもひ‐〕【思ひ染む】

[動マ四]深く思い込む。強く決心する。
「いとかりそめに入りし山の、やがて出でじとさへ―・みぬ」〈幻住庵記
[動マ下二]深く心中に思う。深くかわいがる。
「子ども多くはべれど、これはさまことに―・めたる者にはべり」〈・東屋〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいしむ【思ひ染む】

( 動四 )
深く思いをかける。 「いとあはれと物を-・みながら言にいでても聞えやらず/源氏 桐壺
( 動下二 )
深く心にしみこませる。 「 - ・めてし事は更に御心に離れねど/源氏 賢木

おもいそむ【思ひ染む】

( 動四 )
深く心に思う。決意する。 「年来-・み願ひし事にて/沙石 10
( 動下二 )
深く心に染めつける。 「なぞもかく-・めけむ桜花/増鏡 藤衣
深く恋い慕う。 「などてかくはひあひがたきむらさきを心に深く-・めけむ/源氏 真木柱

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

思ひ染むの関連キーワードむらさき賢木源氏

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android