コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思想改造 しそうかいぞうsī xiǎng gǎi zào

世界大百科事典 第2版の解説

しそうかいぞう【思想改造 sī xiǎng gǎi zào】

中華人民共和国成立後,数年にわたり全国的な範囲と規模でおこなわれた知識人の自己改造・自己変革を思想改造という。新中国では民主的改革の徹底化と工業建設の推進のために,文化・教育界および各分野の知識人の自発的・積極的貢献をかちとることが不可欠であったが,知識人の多くは地主など搾取者の家庭に出自し,欧米式のブルジョア教育で自己形成をとげたものであった。彼らが旧社会から持ちこんできた習慣や思想を改造し,勤労者さらにはプロレタリアへ立場を移すよう,組織的な学習運動がおこなわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

思想改造の関連キーワードロバート・J. リフトンシベリア抑留問題五・七幹部学校抗米援朝運動三反五反運動チョンリマ毛沢東思想自己批判文芸講話下放運動整風運動費孝通洗脳蕭軍

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思想改造の関連情報