コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思想改造 しそうかいぞう sī xiǎng gǎi zào

1件 の用語解説(思想改造の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しそうかいぞう【思想改造 sī xiǎng gǎi zào】

中華人民共和国成立後,数年にわたり全国的な範囲と規模でおこなわれた知識人の自己改造・自己変革を思想改造という。新中国では民主的改革の徹底化と工業建設の推進のために,文化・教育界および各分野の知識人の自発的・積極的貢献をかちとることが不可欠であったが,知識人の多くは地主など搾取者の家庭に出自し,欧米式のブルジョア教育で自己形成をとげたものであった。彼らが旧社会から持ちこんできた習慣や思想を改造し,勤労者さらにはプロレタリアへ立場を移すよう,組織的な学習運動がおこなわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

思想改造の関連キーワード許広平朱徳中華人民共和国陳毅李先念劉少奇人民服総統張瀾

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

思想改造の関連情報