啓発(読み)ケイハツ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《「論語」述而の「憤せざれば啓せず、悱(ひ)せざれば発せず」から》人が気づかずにいるところを教え示して、より高い認識・理解に導くこと。「彼の意見には啓発された」「自己啓発

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
人々の気がつかないような物事について教えわからせること。 大いに-された

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「論語‐述而」の「不憤不啓、不悱不発」から) 人を教え導き、目を開かせて、より高い知性や理解を与えること。また、一般の人が気づかないような点について、専門の観点から教えること。開発。啓蒙(けいもう)
※応永本論語抄(1420)先進第十一「聖人の教化をするは賢人を待て啓発す」
※宗祇私語(1965)〈唐木順三〉「世界の中にすでに歌のたねがあり、それに心が感じ働くことにおいて歌が生ずるといふ説き方に、私は思ひまうけぬ啓発をうけた」 〔班固‐典引〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

啓発の関連情報