啓発(読み)けいはつ

故事成語を知る辞典「啓発」の解説

啓発

人が気づかずにいるところを教え示して、より高い認識・理解に導くこと。

[使用例] 私は成るべく彼女の趣味を発するように、ちょっとした買物をするのにも自分一人ではめないで、彼女の意見を云わせるようにし[谷崎潤一郎痴人の愛|1924~25]

[由来] 「論語じゅつ」に出て来る、孔子ことばから。「ふんせざれば啓せず、せざれば発せず(理解できないでいらいらしているくらいでないと、ヒントはあげないし、なんとか理解できてもうまくそれを表現できずに苦しんでいるようでなければ、はっきりと教えることはしない)」とあります。「啓」は、理解に向けて導くこと、「発」は、はっきりと理解させること。ここから、「啓発」ということばが生まれました。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「啓発」の解説

けい‐はつ【啓発】

〘名〙 (「論語‐述而」の「不憤不啓、不悱不発」から) 人を教え導き、目を開かせて、より高い知性や理解を与えること。また、一般の人が気づかないような点について、専門の観点から教えること。開発。啓蒙(けいもう)
※応永本論語抄(1420)先進第十一「聖人の教化をするは賢人を待て啓発す」
※宗祇私語(1965)〈唐木順三〉「世界の中にすでに歌のたねがあり、それに心が感じ働くことにおいて歌が生ずるといふ説き方に、私は思ひまうけぬ啓発をうけた」 〔班固‐典引〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「啓発」の解説

けい‐はつ【啓発】

[名](スル)《「論語」述而の「憤せざれば啓せず、悱(ひ)せざれば発せず」から》人が気づかずにいるところを教え示して、より高い認識・理解に導くこと。「彼の意見には啓発された」「自己啓発

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android