コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性妊娠脂肪肝 きゅうせいにんしんしぼうかん Acute Fatty Liver of Pregnancy

1件 の用語解説(急性妊娠脂肪肝の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

急性妊娠脂肪肝

妊娠後期に発症し、妊娠を終了させない限り回復せず、急速に肝不全に至る疾患。略称AFLP。極めて稀な疾患だが、重症化すると母子ともに死亡率が高い。妊娠28~40週に倦怠感・食欲不振・悪心・嘔吐・腹痛などの症状が起こり、黄疸・肝機能障害が現れ、診断・治療が遅れると肝不全へ移行。肝不全が悪化すると多臓器障害が発生し、母子ともに、あるいはいずれかが死に至る可能性がある。治療には早期の娩出と母体の集中治療が求められる。

(2013-5-27)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

急性妊娠脂肪肝の関連キーワード妊娠中毒症葉酸妊娠腎双胎妊娠不妊卵管妊娠偽妊娠ハーゼの法則絨毛癌妊娠中毒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone