コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性死 きゅうせいしacute death

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

急性死
きゅうせいし
acute death

発病から約1週間以内に死亡する場合をいう。壮年期の死ではその約 13%が突然死・急性死であるという調査結果もあって,早期の予知・予防対策が望まれており,厚生省も 1992年に研究班を発足させた。急性死のほとんどは心不全脳血管疾患虚血性心疾患によるものであるが,発病前にめまい耳鳴り肩こり動悸,頭痛などを訴えていた人が多い。予防法としては,定期検診を欠かさないこと,不調を感じたらすぐ医師にかかることなどであるが,食生活の不摂生や喫煙,過労など生活習慣を見直して日頃から健康管理に気を配ることが最も大切である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

急性死の関連キーワード心臓麻痺豚コレラ血腫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急性死の関連情報