急性汎自律神経異常症

  • (脳・神経・筋の病気)

六訂版 家庭医学大全科の解説

 急性(数日以内)あるいは亜急性(約1週間前後)に起こり、自律神経系に限られた障害が現れる疾患です。交感神経、副交感神経が侵された結果、著しい起立性低血圧(時に失神発作を起こす)、排尿障害、陰萎(いんい)(インポテンツ)、消化器症状(嘔吐、下痢、便秘)、発汗障害、瞳孔(どうこう)異常、唾液・涙液分泌障害などが現れます。感覚障害や運動障害は現れないことが原則です。激しい腹痛のために、外科的に開腹手術を行ってしまう場合もあります。

 感冒様症状、消化器症状などを伴ったり、ウイルス感染(風疹(ふうしん)、単純ヘルペスなど)に伴って発症しますが、まったく原因がわからない場合もあります。感染では、免疫アレルギー機序(仕組み)が介在して発症するとされています。

 予後は比較的良好ですが、完治せずに何らかの症状が長引くことも少なくありません。

 時に、感染が終わったあとに症状が現れてくる、感染後汎自律神経異常症という病気もあります。

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android