コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排尿障害 ハイニョウショウガイ

デジタル大辞泉の解説

はいにょう‐しょうがい〔ハイネウシヤウガイ〕【排尿障害】

排尿の回数が多い、尿が漏れる、尿が出にくい、尿に勢いがない、尿が残る感じがあるなど、尿の出方に何らかの異常がある状態。代表的な原因疾患として、前立腺肥大腹圧性尿失禁過活動膀胱などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

排尿障害
はいにょうしょうがい

排尿状態の異常を総称したもので、排尿困難、尿線(放尿の際に描く線)の異常、二段性排尿尿閉尿失禁および遺尿などがある。
(1)排尿困難 尿が出にくい場合を意味し、排尿しても膀胱(ぼうこう)が完全に空(から)にならない。多くは膀胱に尿がいつも残っている感じ(残尿感)を訴え、排尿後尿道から膀胱に細い管を入れて導尿すると残尿が証明される。前立腺(せん)肥大症、尿道狭窄(きょうさく)、神経因性膀胱、前立腺癌(がん)などでおこる。排尿困難が進行すると尿閉になることがある。
(2)尿閉 膀胱に尿がたまっているにもかかわらず一滴も出ない状態をいい、激しい尿意とともに膀胱が張ってくると非常な苦しみを訴える。前立腺肥大症をもつ人は飲酒中に突然尿閉になることがある。膀胱の収縮力が低下すると放尿力が低下し、尿線が細くなる。
(3)遷延性排尿 尿が出始めるまで時間がかかるものをいい、膀胱以下の部分に異物ができたり炎症がおこったりして尿道が狭くなったときにみられる。また、正常の人でも他人の見ている前で排尿するときは、心因性の遷延性排尿の状態になることがある。
(4)尿線の異常 尿の出口である外尿道口に異常があると、排尿の際に尿線が分かれる。排尿中突然、尿線が中絶する場合を尿線中絶といい、膀胱結石や凝血塊が膀胱の出口をふさぐためにおこる。
(5)二段性排尿 膀胱壁の一部が膀胱外へ嚢状(のうじょう)に突出した膀胱憩室があると、膀胱にある尿が一度出たあと憩室内の尿がふたたび膀胱にたまるため、もう一度排尿することになる。
(6)尿失禁 尿が無意識的に排出する排尿障害をいう。普通成人女子に多くみられるのは、咳(せき)、くしゃみおよび激しい体動のとき尿が漏れるもので、ストレス性尿失禁という。尿失禁は種々の器質的疾患でも多くみられ、脳卒中、脊髄(せきずい)損傷、前立腺肥大症、尿路先天性奇形などにおこる。
(7)遺尿症 膀胱に尿はたまるが、無意識のうちに排尿してしまうものをいい、普通は夜尿症を意味する。[土田正義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

排尿障害の関連キーワード家族性アミロイド・ポリニューロパシー脳、神経のはたらきの衰えと症状、疾患老化にともなう泌尿器の病気禁忌(医学、薬学)臭化プロパンテリン腰椎椎間板ヘルニアバルーン拡張術アセチルコリン膀胱頸部硬化症小児尿路感染症脊髄小脳変性症覚醒剤急性中毒前立腺特異抗原HAM(ハム)前立腺肥大症多発性硬化症多系統萎縮症神経因性膀胱脊柱管狭窄症亀頭包皮炎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

排尿障害の関連情報