コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性真入道親王 しょうしんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(性真入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性真入道親王 しょうしんにゅうどうしんのう

1639-1696 江戸時代前期,後水尾(ごみずのお)天皇の皇子。
寛永16年4月28日生まれ。母は逢春門院。慶安2年親王となり,同年真言宗大覚寺で出家。寛文3年性演に灌頂(かんじょう)をうけ,一身阿闍梨(あじゃり)となる。元禄(げんろく)9年1月4日死去。58歳。俗名は真敦。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

性真入道親王の関連キーワード烏丸資慶大覚寺宮性真法親王修学院離宮浦輪内侍岡昌忠鏡尼高仁親王宗澄女王武田道安賀子内親王