怯夫(読み)きょうふ

精選版 日本国語大辞典「怯夫」の解説

きょう‐ふ ケフ‥【怯夫】

〘名〙 臆病な男。臆病者懦夫(だふ)
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一二「勇将勁の表様、大に怯(〈注〉オクビョウモノ)をして気勢を激発せしむることなり」 〔戦国策‐韓策・襄王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「怯夫」の解説

きょう‐ふ〔ケフ‐〕【×怯夫】

臆病者。懦夫だふ
「―をして気勢を激発せしむる事なり」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「怯夫」の解説

【怯夫】きよう(けふ)ふ

臆病者。〔史記、張儀伝〕夫(そ)れの卒の山東の卒に與(お)けるは、(もうほん)(勇者)の怯夫に與けるがごとし。

字通「怯」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android