怯夫(読み)きょうふ

精選版 日本国語大辞典「怯夫」の解説

きょう‐ふ ケフ‥【怯夫】

〘名〙 臆病な臆病者懦夫(だふ)
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一二「勇将勁卒の表様、大に怯夫(〈〉オクビョウモノ)をして気勢を激発せしむることなり」 〔戦国策‐韓策・襄王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android