懦夫(読み)だふ

精選版 日本国語大辞典「懦夫」の解説

だ‐ふ【懦夫】

〘名〙 気の弱い男。いくじなし。臆病者
※柳湾漁唱‐一集(1821)栗軒偶題「老我風塵懶進趨、長官何意起懦夫
※紐育(1914)〈原田棟一郎〉ブルクリン橋「千載の下自から懦夫(ダフ)をして起たしむるの痛烈事ではないか」 〔孟子‐万章下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「懦夫」の解説

だ‐ふ【×懦夫】

意気地のない男。臆病な男。
「愚夫―に至りてはひたすら伊勢の神風を祈の外他事なし」〈条野有人・近世紀聞〉
[類語]弱虫敗者弱者臆病・臆病者・意気地無し怖がり腰抜け内弁慶張り子の虎・苛められっ子・味噌っ滓泣き虫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「懦夫」の解説

【懦夫】だふ

無気力な男。〔孟子、万章下〕伯夷の風を聞くは、頑夫(ぐわんぷ)(かたくなな男)もに、懦夫もを立つるり。

字通「懦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android