コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒世親王 つねよしんのう

2件 の用語解説(恒世親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒世親王 つねよしんのう

805-826 平安時代前期,淳和(じゅんな)天皇の第1皇子。
延暦(えんりゃく)24年生まれ。母は高志(こし)内親王。弘仁(こうにん)14年父の即位にともない皇太子にたてられたが固辞。同年治部卿(じぶきょう),中務(なかつかさ)卿に任じられ,のち三品(さんぼん)に叙せられた。天長3年5月1日死去。22歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

恒世親王

没年:天長3.5.1(826.6.9)
生年:大同1(806)
平安前期の皇族。淳和天皇高志内親王(桓武天皇皇女)の長男。弘仁14(823)年4月,嵯峨天皇の譲りを得て父淳和が即位すると,当時侍従(従四位下)であったが皇太子とされた。しかし,これを「固辞」したため正良親王(嵯峨天皇の第1皇子)が立太子した。この措置に対して嵯峨は再三撤回を申し入れたが,淳和は聞き入れなかったという(『日本紀略』)。しかしこれは最初から正良の立太子を予定したうえでの演出とみる意見もある。父に先立ち21歳(22歳とも)で没した。淳和は悲痛のあまり久しく政務に携わらなかったといい,その思いから親王の遺児正道王を格別可愛がったが,この王も淳和が亡くなった翌承和8(841)年6月,20歳の若さで没した。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒世親王の関連キーワード有子内親王(1)為子内親王氏子内親王高志内親王崇子内親王高津内親王珍子内親王恒統親王孟子内親王善原内親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone