恭仁宮跡(読み)くにきゅうせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恭仁宮跡
くにきゅうせき

京都府南端部,木津川市中北部の瓶原 (みかのはら) を中心とする古代の都城址恭仁京が置かれた。天平 12 (740) 年 12月平城京より遷都し,同 13年 11月大養徳恭仁大宮 (やまとのくにのおおみや) と号した。同 16年の難波京遷都,同 17年の平城京遷都以降はしだいに荒廃した。同 18年,恭仁京の大極殿が山城国分寺に施入されたことが『続日本紀』にみえるが,1976年の発掘調査によって,大極殿がそのままの位置で国分寺の金堂として利用されていることが明らかになった。国指定史跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恭仁宮跡の関連情報