瓶原(読み)ミカノハラ

大辞林 第三版の解説

みかのはら【瓶原】

京都府木津川市の地名。元明天皇の離宮があった所。のち聖武天皇の恭仁京くにのみやこが置かれた。⦅歌枕⦆ 「宮こいでてけふ-泉川/古今 羇旅

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瓶原
みかのはら

京都府南東部、木津川(きづがわ)市の東部にあたる旧加茂(かも)町の木津川北岸の地区。740年(天平12)に聖武(しょうむ)天皇の恭仁(くに)京が造営されたが、わずか4年で廃都となり、その跡に山城(やましろ)国分寺が建立された。現在、金堂と塔の礎石が残っていて、国指定史跡となっている。また東の銭司(ぜず)には、和同開珎(わどうかいちん)の鋳銭所跡がある。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瓶原の関連情報