恭王府(読み)きょうおうふ

世界の観光地名がわかる事典の解説

きょうおうふ【恭王府】

中国の首都北京にある、清朝の第8代皇帝・道光帝の第6子で、咸豊(かんぽう)帝の弟にあたる恭親王奕訢(えききん)の邸宅跡。この邸宅はもともと、1777年に乾隆帝(第6代皇帝)の臣下の和坤(わこん)の私邸として建てられたものだったが、和坤は罪を問われて邸宅も没収され、王府(皇族、親王の邸宅)となった。そして、1851年に咸豊帝から恭親王に下賜され、恭王府となった。この建物は、非常に良好な状態で清朝時代の王府の姿をとどめている。ただし、一般公開されているのは、面積2.8haの「翠錦園」(すいきんえん)と呼ばれる庭園(花園)のみで、邸宅内部は非公開である。翠錦園は、北方の建築に江南の庭園様式を融合させた名園として高く評価され、国の重点文物保護指定を受けている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android