コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恭親王

美術人名辞典の解説

恭親王

清代の皇族。名は奕訴。道光帝の第六子。北京条約の際清の代表となり、のち皇族中の筆頭者として政権を握った。清末乱世の収拾に当たり、隠退後も日清戦争など大事があれば西太后の顧問となった。光緒24年(明治31)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

恭親王【きょうしんのう】

中国,清朝の皇族。道光帝の第6子,咸豊帝の弟。名は奕【きん】(えききん)。兄の即位後王に封ぜられる。帝を助け,太平天国やアロー戦争を処理。排外から洋務に転ず。同治帝擁立の旧側近を東太后西太后と計りクーデタで一掃。
→関連項目慶親王奕【きょう】醇親王奕【かん】総理衙門

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の恭親王の言及

【第2次アヘン戦争】より

…当時北京郊外の円明園にいた咸豊帝は熱河に逃れ,10月に連合軍は円明園に侵入し,破壊と略奪をほしいままにした。10月20日,欽差大臣恭親王はイギリス,フランスの最後通牒を受諾し,中英・中仏北京条約が結ばれた。北京条約は,58年の天津条約に基づいていたが,それに加え,賠償金をイギリス,フランスそれぞれ800万両(テール)に増額し,天津の開港,中国人の海外渡航許可,九竜地区をイギリスに割譲することなどが定められた。…

※「恭親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

恭親王の関連キーワード西太后(せいたいこう)清の時代(年表)総理各国事務衙門慶親王奕きょう醇親王奕かん平定回匪方略粛親王善耆恭親王溥偉台湾出兵同治中興洋務運動宗社党恭王府桂良文祥粛順

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android