コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同治中興 どうちちゅうこうTong-zhi zhong-xing; T`ung-chih chung-hsing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同治中興
どうちちゅうこう
Tong-zhi zhong-xing; T`ung-chih chung-hsing

中国,清末の同治時代 (1862~74) に,前代太平天国アロー戦争に代表される内憂外患が一応治まり,政治や社会が比較的安定した状態をいう。この時代は,同治帝を擁する西太后らの摂政のもとに始り,恭親王奕 訢 (えききん) が内治外交の実権を握り,総理衙門を設けたりして外国和親策を進めた。また一方では,曾国藩や李鴻章らが要職について洋務運動 (→洋務派 ) を推進し,西洋の軍事技術をはじめとする文物の導入に努めて軍備の増強,工業の振興,通信運輸設備の充実,学堂の設置,留学生の派遣などを進めた時代であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうち‐ちゅうこう【同治中興】

中国で、の同治年間(1862~1874)に行われた政治改革。表面的には、太平天国の乱も平定され内治・外交とも小康状態を保った時期で、曽国藩李鴻章らの漢人官僚による洋務運動が推進され、清朝は一時的に安定した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

同治中興【どうちちゅうこう】

中国で清末の同治帝時代(1861年―1875年)に内治・外交上の安定を一時的に回復したこと。アロー戦争,太平天国などの内憂外患がおさまり,洋務運動が推進され,恭親王や漢人官僚のもとに小康状態を保ち自強の促進を図った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どうちちゅうこう【同治中興】

中国、清末の穆宗ぼくそうの同治年間(1862~1874)が内政・外交ともに表面的には安定していたことによる呼称。太平天国の乱が平定され、漢人官僚による洋務運動が推進された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同治中興
どうちちゅうこう

中国、清(しん)朝の同治帝(在位1861~75)の統治期をいう。1864年に太平天国を鎮圧したのち、華北の捻(ねん)軍や貴州の苗(ミャオ)族、ついで西北の回(イスラム)教徒の反乱を鎮圧して、相対的・一時的に平穏が回復し、曽国藩(そうこくはん)、李鴻章(りこうしょう)、左宗棠(さそうとう)ら、湘(しょう)軍、淮(わい)軍を率いた漢族官僚が各省の督撫(とくぶ)として支配秩序の再建にあたり、洋式軍事工業を建設して、清朝が再興するかに思われた。また北京(ペキン)条約締結、咸豊(かんぽう)帝の死去直後、西太后(せいたいこう)と恭親(きょうしん)王らが宮廷政変によって、前帝側近の頑固な保守排外派を処刑、追放して宮廷の実権を握り、総理衙門(がもん)を中心に、対外協調政策を進めて、列強との比較的平和な関係が生まれた。これらの理由により、この時期を同治中興と称し、曽、李、左らは中興の名臣とたたえられた。しかし、この間、政治制度や教育制度の本質的な改革は行われず、不平等条約改正への努力もなされなかった。列強の経済進出の拡大と相まって、これが、この時期の末期に始まった一般近代工業の建設の成果を、日本の同時代の殖産工業政策と比べて、かなり貧しいものに終わらせる要因となった。[小島晋治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

同治中興の関連キーワード恭親王奕訢馮桂芬漢奸洋務