コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総理衙門 そうりがもん Zong-li-ya-men; Tsung-li-ya-men

6件 の用語解説(総理衙門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総理衙門
そうりがもん
Zong-li-ya-men; Tsung-li-ya-men

中国,清末の外交官庁「総理各国通商事務衙門」のこと。初め清朝は欧米との外交を通常の朝貢国と同じく礼部や理藩院で処理し,アヘン戦争後は両広総督である欽差大臣が広州で外交を担当していたが,咸豊 10 (1860) 年の北京条約で列国公使の北京常駐が認められると,それに対応するために,翌年北京に設立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうり‐がもん【総理衙門】

《「総理各国事務衙門」の略称》中国朝がアロー戦争後の1861年、外交事務を専門に扱うために設置した官庁。1901年に廃止され、外務部がこれに代わった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

総理衙門【そうりがもん】

中国,清末アロー戦争後の1861年に発足した外政事務を担当する中央機関。総理各国事務衙門の簡称で,総署とも。軍機処の分局的機関で,数名の総理衙門大臣による合議制をとり,首席には皇族が任命された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そうりがもん【総理衙門 Zŏng lǐ yá mén】

中国,清末に設立された洋務および外交事務をつかさどる中央機構。総理各国事務衙門の簡称。また,総署,訳署ともいう。第2次アヘン戦争末期における外交交渉の過程で,外交を専管する中央組織の必要性が内外双方から要請され,1861年(咸豊11)1月に総理衙門が設立された。親王が総理し,大臣(総署大臣)が軍機大臣,大学士,尚書,侍郎,京堂から選ばれて兼任した。当初は恭親王奕訢(えききん),大学士桂良,軍機大臣戸部左侍郎文祥の3人で構成されたが,後には通常7~8人で構成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうりがもん【総理衙門】

〔「総理各国事務衙門」の略〕
中国清朝末期の外交をつかさどった役所。大臣若干名の合議によった。1861年創設。1901年廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総理衙門
そうりがもん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総理衙門の関連キーワード外交官外交特権工部拓殖会社洋務運動吏部書記官IHO交通銀行コンスラード

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone