コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総理衙門 そうりがもんZong-li-ya-men; Tsung-li-ya-men

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総理衙門
そうりがもん
Zong-li-ya-men; Tsung-li-ya-men

中国,清末の外交官庁「総理各国通商事務衙門」のこと。初め清朝は欧米との外交を通常の朝貢国と同じく礼部理藩院で処理し,アヘン戦争後は両広総督である欽差大臣が広州で外交を担当していたが,咸豊 10 (1860) 年の北京条約で列国公使の北京常駐が認められると,それに対応するために,翌年北京に設立された。皇族を首班とし,軍機大臣など複数の高官が総理衙門大臣を兼ね,合議制で外交のほか税関,海軍,郵便電信,鉄道など「洋務」に関する事項を処理した。光緒 27 (1901) 年に「外務部」に改組された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうり‐がもん【総理衙門】

《「総理各国事務衙門」の略称》中国朝がアロー戦争後の1861年、外交事務を専門に扱うために設置した官庁。1901年に廃止され、外務部がこれに代わった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

総理衙門【そうりがもん】

中国,清末アロー戦争後の1861年に発足した外政事務を担当する中央機関。総理各国事務衙門の簡称で,総署とも。軍機処の分局的機関で,数名の総理衙門大臣による合議制をとり,首席には皇族が任命された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうりがもん【総理衙門 Zŏng lǐ yá mén】

中国,清末に設立された洋務および外交事務をつかさどる中央機構。総理各国事務衙門の簡称。また,総署,訳署ともいう。第2次アヘン戦争末期における外交交渉の過程で,外交を専管する中央組織の必要性が内外双方から要請され,1861年(咸豊11)1月に総理衙門が設立された。親王が総理し,大臣(総署大臣)が軍機大臣,大学士,尚書,侍郎,京堂から選ばれて兼任した。当初は恭親王奕訢(えききん),大学士桂良,軍機大臣戸部左侍郎文祥の3人で構成されたが,後には通常7~8人で構成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうりがもん【総理衙門】

〔「総理各国事務衙門」の略〕
中国清朝末期の外交をつかさどった役所。大臣若干名の合議によった。1861年創設。1901年廃止。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総理衙門
そうりがもん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

総理衙門の関連キーワードハート(Sir Robert Hart)慶親王奕きょう同治中興北洋大臣台湾出兵総税務司曾紀沢林世功鴻臚寺王文詔恭親王汪大燮役所海関

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android