コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

議政王大臣 ぎせいおうだいじんyi-zheng-wang da-chen; i-chêng-wang ta-chên

3件 の用語解説(議政王大臣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

議政王大臣
ぎせいおうだいじん
yi-zheng-wang da-chen; i-chêng-wang ta-chên

中国,清朝の最高会議の構成員である議政王 (有力皇族があたる) と議政大臣 (有力旗人があたる) の総称。議政王大臣会議は北方民族の会議政治の流れをひくもので,八旗制に立脚して構成され,太祖ヌルハチ (奴児哈赤) の代から行われていたが,太宗ホンタイジ (皇太極) の崇徳2 (1637) 年に拡大され,雍正朝に軍機処が設置されるまで皇帝の最高諮問機関であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎせいおうだいじん【議政王大臣 Yì zhèng wáng dà chén】

中国,清代初期の最高国政合議機関。議政王と議政大臣を総称して議政王大臣という。建国当初の清朝は満州族固有の諸制度を色濃く残していたが,この合議機関の存在もそのひとつであった。議政王には有力な皇族が任命された。議政大臣は専任の官ではなく,おもに八旗の高級武官が兼任の形で任命された。そのほとんどが満州八旗人であり,蒙古八旗人や漢軍八旗人の任命は若干あったにすぎない。議政王大臣の任務は重要政務全般,特に軍事関係事項の審議であったが,決定権はあくまでも皇帝にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

議政王大臣
ぎせいおうだいじん

中国、清(しん)初の最高国政会議の構成員。太祖ヌルハチ(在位1616~26)の時代に創設され、次の太宗ホンタイジによって増員された。有力皇族と八旗(はっき)の諸長官が任ぜられたが、1644年、入関後は旗人(きじん)出身の文官からも選ばれた。初めはいっさいの重要な国務を議したが、内閣の制度が確立(1670)されると一般の国政はここに移り、もっぱら軍事や対外関係を議した。しかし、しだいに力を失い、雍正(ようせい)年間(1723~35)軍機処が設置されてからは有名無実化し、1792年に廃止された。[神田信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone