コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

議政王大臣 ぎせいおうだいじんyi-zheng-wang da-chen; i-chêng-wang ta-chên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

議政王大臣
ぎせいおうだいじん
yi-zheng-wang da-chen; i-chêng-wang ta-chên

中国,朝の最高会議の構成員である議政王 (有力皇族があたる) と議政大臣 (有力旗人があたる) の総称。議政王大臣会議は北方民族の会議政治の流れをひくもので,八旗制に立脚して構成され,太祖ヌルハチ (奴児哈赤) の代から行われていたが,太宗ホンタイジ (皇太極) の崇徳2 (1637) 年に拡大され,雍正朝に軍機処が設置されるまで皇帝の最高諮問機関であった。ただ皇帝権の拡大とともに会議の性格は変質し,当初は軍事,行政すべてを議したが,内閣の設置とともに軍事面を中心に議するようになり,軍機処設置以後は名目的な存在で,乾隆 57 (1792) 年に廃止された。なお定員は一定せず,多くは満州人が任命されたようである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎせいおうだいじん【議政王大臣 Yì zhèng wáng dà chén】

中国,清代初期の最高国政合議機関。議政王と議政大臣を総称して議政王大臣という。建国当初の清朝は満州族固有の諸制度を色濃く残していたが,この合議機関の存在もそのひとつであった。議政王には有力な皇族が任命された。議政大臣は専任の官ではなく,おもに八旗の高級武官が兼任の形で任命された。そのほとんどが満州八旗人であり,蒙古八旗人や漢軍八旗人の任命は若干あったにすぎない。議政王大臣の任務は重要政務全般,特に軍事関係事項の審議であったが,決定権はあくまでも皇帝にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

議政王大臣
ぎせいおうだいじん

中国、清(しん)初の最高国政会議の構成員。太祖ヌルハチ(在位1616~26)の時代に創設され、次の太宗ホンタイジによって増員された。有力皇族と八旗(はっき)の諸長官が任ぜられたが、1644年、入関後は旗人(きじん)出身の文官からも選ばれた。初めはいっさいの重要な国務を議したが、内閣の制度が確立(1670)されると一般の国政はここに移り、もっぱら軍事や対外関係を議した。しかし、しだいに力を失い、雍正(ようせい)年間(1723~35)軍機処が設置されてからは有名無実化し、1792年に廃止された。[神田信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

議政王大臣の関連キーワード恭親王奕訢神田信夫張勲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android