コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悠紀・主基 ゆきすき

世界大百科事典 第2版の解説

ゆきすき【悠紀・主基】

大嘗祭(だいじようさい)における祭儀に関する名称。〈ゆき〉は斎忌,由基,〈すき〉は次,須伎などとも記す。悠紀国,主基国の斎田の新穀が,それぞれ大嘗宮の東の悠紀殿,西の主基殿で神饌に供された。悠紀・主基の国郡は卜定によって選ぶのが原則で特定されていなかったが,平安中期以降は悠紀は近江国,主基は丹波国と備中国が交互に選ばれ,郡のみが卜定された。明治の登極令では京都の以東以南に悠紀,以西以北に主基の斎田を勅定する定めとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

悠紀・主基の関連キーワード藤原佐理(ふじわらのすけまさ)藤原行成(ふじわらのゆきなり)小野道風(おののとうふう)大嘗祭(だいじょうさい)藤原佐理藤原定信小野道風藤原定実土佐光時小野美材土佐光芳藤原伊行源兼行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android