悪貨は良貨を駆逐す(読み)あっかはりょうかをくちくす

ことわざを知る辞典の解説

名目価値が同じ良貨と悪貨が同時に流通すると、やがて良貨はしまい込まれ、悪貨だけが使われるようになる。転じて、俗悪な文化がはやり良質な文化が衰退することや、悪人がばっして善良な人が圧迫される状況などをたとえていう。

[使用例] 善いやつは得て事を好みたがらないから、それで隠れたがる、そうなると、悪いやつはいよいよいい気になって、増長ばっする、人間ばかりじゃない、金銭においてもそうだ、悪貨は良貨を駆逐すといって……[中里介山*大菩薩峠―恐山の巻|1913~41]

[解説] 通貨が紙幣ではなく貨幣、おもに金貨だった時代、名目価値が同じで金の含有量の多いものを良貨、少ないものを悪貨といいました。この表現は、一六世紀イギリスの財政家グレシャムがエリザベス一世に提出した意見書の中で述べた内容を後世の学者が簡潔な言葉にまとめたもので、「グレシャムの法則」として知られています。

〔英語〕Bad money drives out good.

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android