悪魔の霊薬(読み)あくまのれいやく(英語表記)Elixiere des Teufels

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悪魔の霊薬
あくまのれいやく
Elixiere des Teufels

ドイツの作家 E.T.A.ホフマン長編小説。2巻。 1815~16年刊。姦通,殺人などの罪悪によごれている血統の末裔に生れた青年僧フランツは,ふとした機会に,かつて悪魔が聖アントニウスを誘惑しようとして飲ませたと伝えられる美酒を手に入れ,それを飲んだために無気味な事件にあう。二重人格を中心に,宗教の世界と神秘的な女性美,現世的な欲情とが交錯している作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android