コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モン

デジタル大辞泉の解説

もん【×悶】

もだえること。煩悶
「酒をもて―を解(げ)すという年上の友」〈啄木・忘れがたき人々〉

もん【悶】[漢字項目]

[音]モン(呉) [訓]もだえる
もだえ苦しむ。「悶死悶絶悶悶苦悶煩悶
もつれる。「悶着

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もん【悶】

ひどく苦しみ悩むこと。もだえ。 「心に快とし-とするの感覚は/日本開化小史 卯吉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

悶の関連キーワード問・悶・文・紋・聞・門取り留める・取留める長尾 雨山あつち死に脚気衝心関鉄之介田中訥言原阿佐緒それから戸田旭山亀田窮楽死に入る長尾雨山身悶え趙之謙悶える単皮鼓蕭雲従白目急調

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悶の関連情報