(読み)モン

  • ×悶
  • もだえ
  • もだ・える
  • もだ・ゆ
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (動詞「もだえる(悶)」の連用形の名詞化) もだえること。煩悶。〔文明本節用集(室町中)〕
〘自ア下一(ヤ下一)〙 もだ・ゆ 〘自ヤ下二〙 煩い苦しむ。思い煩う。もがき悩む。悶絶する。もだう。
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「おとど驚きもだえ給ひて、おもほすこと限りなし」
〘名〙 もだえること。煩悶。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「気を喪(うしな)ひ、歎息して悶(モン)を発するが如くならず」 〔楚辞‐九章・惜誦〕
〘自ヤ下二〙 ⇒もだえる(悶)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悶の関連情報