情報開示義務(読み)ジョウホウカイジギム

デジタル大辞泉の解説

じょうほうかいじ‐ぎむ〔ジヤウホウカイジ‐〕【情報開示義務】

重要性の高い情報を、定められた形式により開示する義務のこと。具体的には、有価証券等の金融商品や、政治資金団体資金管理団体等における政治資金受領と経費支出、米国での特許出願等で、必要な情報の開示が法律等により義務付けられている。義務への違反に対して罰則を設けることで、情報の適切な開示を促し、犯罪等を未然に防ぐ目的がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情報開示義務の関連情報