情歌(読み)じょうか

  • じょうか ジャウ‥
  • じょうか〔ジヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 恋の気持をよんだ歌。こいうた。
※風俗画報‐二一〇号(1900)地理門「発句情歌等を開巻して終日楽しむもあり」 〔王琚‐姜女篇〕
② 「よしこの節」および、それから転化したといわれる「どどいつ(都々逸)」の異称。
※耳を掻きつつ(1934)〈長谷川伸〉大衆の詩「都々逸が情歌とよばれる程、花柳情痴を題材にとってゐるのは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android