コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ジョウ

4件 の用語解説(情の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう〔ジヤウ〕【情】

物に感じて動く心の働き。感情。「憂国の」「好悪の」「知意」
他人に対する思いやりの気持ち。なさけ。人情。「の深い人」「にもろい」
まごころ。誠意。
意地。
男女間の愛情。また、情欲。「夫婦の」「を交わす」
事情。いきさつ。「を明かす」
おもむき。味わい。趣味。

じょう【情】[漢字項目]

[音]ジョウ(ジャウ)(呉) セイ(漢) [訓]なさけ
学習漢字]5年
〈ジョウ〉
物事に感じて起こる心の動き。気持ち。「情熱情念感情苦情激情私情純情叙情心情表情
思いやり。なさけ。「温情厚情同情人情薄情非情友情
異性を慕う心。男女の愛。「情交情死情事情欲色情恋情
物事の実際のありさま。「情況情景情状情勢情報下情国情事情実情政情陳情敵情内情
そのものから感じられるおもむき。味わい。「情趣詩情余情旅情
〈セイ〉おもむき。「風情(ふぜい)
[名のり]さね・もと

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じょう【情 qíng】

中国思想の用語。狭義には感情,情欲のことで,七情(喜,怒,哀,懼(おそれ),愛,悪(にくしみ),欲)として類型化されるが,広義には静かな〈性〉(本性)が動いた状態をすべて情と呼ぶ。したがって四端(惻隠(あわれむ),羞悪(はじる),辞譲(ゆずる),是非)や思慮なども情の範疇(はんちゆう)に入る。情がさらに激しく動いた状態が〈欲〉とされたようである。宋の胡宏(五峯)は性,情,欲の関係を次のような比喩で表現している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょう【情】

何かを見たり聞いたりして起きる心の動き。 「好悪の-」 「憐憫れんびんの-」 「 -が激する」
人が本来もっている性質。 「 -がこまやかな人」
他人を気の毒だと思う気持ち。思いやり。なさけ。 「 -にうたれる」 「 -において忍びない」
特定の異性を愛する心。恋情。 「 -が濃い」 「 -を交わす」
実際のようす。ありさま。 「 -を明かす」
。意地。頑固。 〔日葡〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【性即理】より

…北宋の程頤(ていい)(伊川)によって提唱され,南宋の朱熹(しゆき)(子)によって発展させられたテーゼ。程伊川と同時代の張載(横渠(おうきよ))は〈心は性と情とを統括する〉と述べたが,伊川―朱子によれば,性(本性)は理であるのに対して情(感情,情欲としてあらわれる心の動き)は気であるとされる。は本来善悪とは関係のない存在論的なカテゴリーであるが,朱子学では心を形づくる気は不善への可能性をはらむとみなすので,情=気の発動いかんによっては本来的に天から賦与されている善性=理がゆがめられるおそれがある。…

※「情」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

情の関連キーワード

情の関連情報