惆悵(読み)チュウチョウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐ちょう〔チウチヤウ〕【××悵】

[名]恨み嘆くこと。
「流水の湲湲たるは―の響をなす」〈東海散士佳人之奇遇
[ト・タル][文][形動タリ]恨み嘆くさま。
「―と独り帰って来ました」〈芥川・秋山図〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうちょう【惆悵】

( トタル ) [文] 形動タリ 
恨み嘆くこと。いたみ悲しむこと。また、そのさま。 「 -去るに忍びざるの思あり/日乗 荷風」 「 -と独り帰つて来ました/秋山図 竜之介

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android