コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惆悵 チュウチョウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐ちょう〔チウチヤウ〕【××悵】

[名]恨み嘆くこと。
「流水の湲湲たるは―の響をなす」〈東海散士佳人之奇遇
[ト・タル][文][形動タリ]恨み嘆くさま。
「―と独り帰って来ました」〈芥川・秋山図〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうちょう【惆悵】

( トタル ) [文] 形動タリ 
恨み嘆くこと。いたみ悲しむこと。また、そのさま。 「 -去るに忍びざるの思あり/日乗 荷風」 「 -と独り帰つて来ました/秋山図 竜之介

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone