惑星面座標(読み)わくせいめんざひょう(英語表記)planetocentric coordinates

世界大百科事典 第2版の解説

わくせいめんざひょう【惑星面座標 planetocentric coordinates】

地球上の地点を示す場合に経度緯度を用いたように,惑星表面上の場所をその惑星上の経度と緯度で表したもの。惑星の自転軸が惑星表面と交わった点の北側のものを,その惑星の北極とし,反対側の点を南極とする。これら二つの点と等距離にある線がその惑星の赤道である。緯度のはかり方は,地球と同様で,赤道を0゜にとって,南北90゜までである。経度はその惑星の自転と逆方向に0゜から360゜までとっていて,経度はある特定の時期に地球から見て惑星面上の中央に見えたものを原点にはかり始めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android