惟正(読み)ゆいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟正 ゆいしょう

813-? 平安時代前期の僧。
弘仁(こうにん)4年生まれ。天台宗。円仁(えんにん)にしたがって承和(じょうわ)5年唐(とう)(中国)にわたり,惟暁(ゆいぎょう)とともに五台山で具足戒をうけ長安にはいる。14年帰国し延暦(えんりゃく)寺にすむ。伝法師前入唐求法大和尚と称された。貞観(じょうがん)14年(872)2月までの生存が確認される。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android