(読み)イ

  • おもん・みる
  • おも・みる
  • ゆい
  • 惟/遺
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他マ上一〙 (「おもんみる(惟)」の撥音「ん」の無表記) =おもいみる(思見)〔書陵部本名義抄(1081頃)〕
※大唐西域記長寛元年点(1163)三「我惟(オモミレ)ば福遇ありて聖族を生育せり」
〘他マ上一〙 (「おもいみる」の変化した) よく考えてみる。思い巡らす。
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)二「其の明懿を以(オモムミレ)ば世親の毘季の風を継ぐに足れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

惟の関連情報