(読み)おもみる

精選版 日本国語大辞典「惟」の解説

おも‐・みる【惟】

〘他マ上一〙 (「おもんみる(惟)」の撥音「ん」の無表記) =おもいみる(思見)〔書陵部本名義抄(1081頃)〕
※大唐西域記長寛元年点(1163)三「我惟(オモミレ)ば福遇ありて聖族を生育せり」

おもん‐・みる【惟】

〘他マ上一〙 (「おもいみる」の変化した) よく考えてみる。思い巡らす。
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)二「其の明懿を以(オモムミレ)ば世親の毘季の風を継ぐに足れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「惟」の解説

い【惟】[漢字項目]

人名用漢字] [音]イ(ヰ)(漢) ユイ(呉) [訓]これ ただ
よく考える。「思惟しい・しゆい
[名のり]あり・たもつ・のぶ・よし
[難読]惟神かんながら

ゆい【惟/遺】[漢字項目]

〈惟〉⇒
〉⇒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android