コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随神/惟神 カミナガラ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐ながら【随神/惟神】

[副]かんながら」に同じ。

かむ‐ながら【随神/惟神】

[副]かんながら

かん‐ながら【随神/惟神】

[副]《古くは「かむながら」と表記。「な」は格助詞「」に同じ、「から」は素性・性質の意》
神であるままに。神として。
「久方の天つ宮に―神といませば」〈・二〇四〉
神代のままに。神のおぼしめしのままに。
「葦原の瑞穂(みづほ)の国は―言挙(ことあげ)せぬ国」〈・三二五三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かむながら【随神】

( 副 )
〔「な」は格助詞「」に同じ、「から」は本性・性格を意味する語〕
神でいらっしゃるままに。神として。かんながら。 「やすみしし我が大君-神さびせすと/万葉集 38
〔神の御心のまま人為を加えないことから〕 神慮のまま。かんながら。 「葦原の瑞穂の国は-言挙げせぬ国/万葉集 3253

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

随神/惟神の関連キーワード那珂川(町)(栃木県)吉備津神社(岡山市)美和(茨城県)客神∥客人神高島屋おひさ玉若酢命神社神道大成教随神・惟神神道用語集川西(市)影山 庄平江藤正澄多田神社吉田神道多鳩神社津山市万葉集多田院羽黒山格助詞

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android