コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意識性 いしきせいBewusstheit[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

いしきせい【意識性 Bewusstheit[ドイツ]】

心理学の用語。たとえば“リンゴ”という語を聞けば,その意味が即座にわかるが,その際,赤く丸い外形を思い浮かべたり,すっぱい味を口に感じているわけではない。このように,心像や感覚の媒介なしに事物が一挙に意識される場合をドイツの心理学者アッハN.Achは〈意識性〉と呼んだ。〈無心像思考〉とか〈非直観的思考〉という名称も用いられ,この病理的な形態は〈実体的意識性〉として知られる。【宮本 忠雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

意識性の関連キーワードゲゼルシャフト水戸宝永一揆階級意識コルシュ階層意識上部構造党派性児童期技術

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

意識性の関連情報