コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚問雑記 ぐもんざっき

1件 の用語解説(愚問雑記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぐもんざっき【愚問雑記】

神楽歌(かぐらうた)および催馬楽(さいばら)の語句についての注釈書。江戸前期の歌学者下河辺長流著。神前で奏された楽舞にともない唱和された神楽歌,また雅楽風に編曲された民謡ともいうべき催馬楽の語句注釈書としては,前代の一条兼良《梁塵愚案抄》があるが,本書はそれにつぐもので,契沖や賀茂真淵研究の先駆的位置におかれる。原本は京都,賀茂別雷神社蔵。《契沖全集》付巻《長流全集》所収。【鎌田 純一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

愚問雑記の関連キーワード大歌神楽歌早歌御神楽今様歌おけ神楽巫女歌い物付歌風俗歌(ふぞくうた)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone