愛縛(読み)あいばく

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐ばく【愛縛】

〘名〙
① 仏語。愛欲、または執着による煩悩。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「人皆美蘇合、愛縛似蜣蜋」 〔仁王護国経‐下〕
② 愛情による束縛。
※厭世詩家と女性(1892)〈北村透谷〉「忌はしき愛縛となりて我身を制抑する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android