感情の三方向説(読み)かんじょうのさんほうこうせつ(英語表記)tridimensional theory of feeling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感情の三方向説
かんじょうのさんほうこうせつ
tridimensional theory of feeling

感情は・不快,興奮・鎮静緊張弛緩の3つの方向ないし次元をもち,あらゆる感情はこの三次元空間内の一点に定位できるとするで,ドイツの心理学者 W.ブントが唱えた。しかし多くの心理学者はこの説に賛成せず,快・不快の一次元説をとる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android