感情労働(読み)かんじょうろうどう(英語表記)Emotional labor

知恵蔵miniの解説

感情労働

顧客などの満足を得るために自身の感情をコントロールし、常に模範的で適切な言葉・表情・態度で応対することを求められる労働のこと。「肉体労働」「頭脳労働」に続く第3の労働形態として、米国の社会学アーリー・ホックシールドが提唱した。具体的には、旅客機客室乗務員をはじめとする接客業、営業職、医療職、介護職、カウンセラーオペレーター教職などが挙げられるが、近年はあらゆる職種で感情労働を強いられるケースが増加傾向にある。感情労働による疲労や心のは回復しにくく、メンタルヘルスの不調を引き起こすことも少なくないため、社会問題化している。

(2018-3-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

人事労務用語辞典の解説

感情労働

「感情労働」とは、アメリカの社会学者A.R.ホックシールドが提唱した働き方の概念で、感情の抑制鈍麻(どんま)、緊張忍耐などを不可欠の職務要素とする労働のことです。体力を使って対価を得る「肉体労働」やアイデアなどを提供する「頭脳労働」に対して、感情労働に従事する者はつねに自分自身の感情をコントロールし、相手に合わせた言葉や態度で応対することが求められます。
(2011/3/14掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android