コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感覚温度 かんかくおんど effective temperature

1件 の用語解説(感覚温度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感覚温度
かんかくおんど
effective temperature

人の温度感覚に関係する諸要素を総合して1つの数値で表わした温熱指数。人の暑さ寒さの感じ (温度感覚) は,気温,相対湿度,気流,輻射熱などに影響される。感覚温度アメリカの C. P.ヤグロウらの創案に成るもので,多数の被験者の体感に基づいて,気温t°F,湿度 100%,無風の場合を基礎とし,これと等しい温度感覚を与える状態を実効温度 (または有効温度) ETと定めたもので,上衣を脱いで安静にしている場合と,上衣を着けて軽労働をしている場合の2つの感覚温度図表が与えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感覚温度の関連キーワード錯覚サペーニョ内耳体感温度業界位置感覚温度感覚温感実感温度総合評価

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone