コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感覚温度 かんかくおんどeffective temperature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感覚温度
かんかくおんど
effective temperature

人の温度感覚に関係する諸要素を総合して1つの数値で表わした温熱指数。人の暑さ寒さの感じ (温度感覚) は,気温,相対湿度,気流輻射熱などに影響される。感覚温度はアメリカの C. P.ヤグロウらの創案に成るもので,多数の被験者の体感に基づいて,気温t°F,湿度 100%,無風の場合を基礎とし,これと等しい温度感覚を与える状態を実効温度 (または有効温度) ETと定めたもので,上衣を脱いで安静にしている場合と,上衣を着けて軽労働をしている場合の2つの感覚温度図表が与えられている。乾球温度,湿球温度および気流速度を実測すれば,図表からその状態における実効温度が求められる。アメリカ人についてつくられた図表であるが,日本人についても軽労働の範囲なら適用できる。この実効温度には輻射熱が考慮されていないのが欠点。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

感覚温度の関連キーワード室内気候

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感覚温度の関連情報