輻射熱(読み)フクシャネツ

リフォーム用語集「輻射熱」の解説

輻射熱

遠赤外線熱線によって直接伝わる熱の事。つまり、高温の固体表面から低温の固体表面に、その間の空気その他の気体の存在に関係なく、 直接電磁波の形で伝わる伝わり方を輻射といい、その熱を輻射熱という。太陽の自然な暖かさや、薪ストーブの熱なども輻射熱によるもの。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「輻射熱」の解説

ふくしゃ‐ねつ【輻射熱】

〘名〙 輻射線が物体に吸収されて生ずる熱。特に赤外線に著しい。放射熱
※コサビネ艦隊の抜錨(1930)〈龍胆寺雄〉「ひどい輻射熱を室内へはじき返し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android