コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈性入道親王 じしょうにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈性入道親王 じしょうにゅうどうしんのう

1813-1868* 江戸時代後期,有栖川宮韶仁(ありすがわのみや-つなひと)親王の第2王子。
文化10年8月26日生まれ。天台宗大覚寺にはいり,文政5年光格天皇の養子となり,親王宣下(せんげ)ののち出家。東大寺別当,東叡山(とうえいざん)輪王寺門跡(もんぜき)をへて,文久2年(1862)天台座主(ざす)。一品(いっぽん),准三宮(じゅさんぐう)にのぼる。慶応3年12月7日死去。55歳。幼称は精宮。俗名明道法号は大楽王院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

慈性入道親王の関連キーワード戊辰戦争ペグマタイトオブレノビチ家旧ユーゴ諸国史(年表)早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフアドネドンケル=クルティウス

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android