コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈性入道親王 じしょうにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(慈性入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈性入道親王 じしょうにゅうどうしんのう

1813-1868* 江戸時代後期,有栖川宮韶仁(ありすがわのみや-つなひと)親王の第2王子。
文化10年8月26日生まれ。天台宗大覚寺にはいり,文政5年光格天皇の養子となり,親王宣下(せんげ)ののち出家。東大寺別当,東叡山(とうえいざん)輪王寺門跡(もんぜき)をへて,文久2年(1862)天台座主(ざす)。一品(いっぽん),准三宮(じゅさんぐう)にのぼる。慶応3年12月7日死去。55歳。幼称は精宮。俗名は明道。法号は大楽王院。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慈性入道親王の関連キーワード戊辰戦争ペグマタイトドゥーフ早竹虎吉(初代)明治東京(都)酒井忠義春風亭柳枝(初代)村垣範正ユーフォタイド

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone