コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈猛 じみょう

1件 の用語解説(慈猛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈猛 じみょう

1212-1277 鎌倉時代の僧。
建暦(けんりゃく)2年2月生まれ。真言宗。比叡(ひえい)山で天台をおさめ,唐招提寺で律をまなぶ。下野(しもつけ)(栃木県)薬師寺にはいり,戒壇を再興。のち高野山金剛三昧院の頼賢らから東密をうける。文永6年(1269)下野足利の鶏足寺に慈猛流をつたえて根本道場とし,真言宗を関東にひろめた。建治(けんじ)3年4月21日死去。66歳。字(あざな)は良賢。通称は密厳上人,留興長老。号は入仏房,空阿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

慈猛の関連キーワード建暦摧邪輪空体房蔵叟朗誉平親輔平業忠長井泰秀広橋経光源頼時有助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone