コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

態度変容 たいどへんようattitude change

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

態度変容
たいどへんよう
attitude change

外的力に影響されて,すでに形成され固定化された態度を捨去って,新しい態度を形成すること。一般的には,次のような場合に態度の変容が起るとされる。 (1) ある対象に対する既存の態度があまり強くなく,その対象に対して熟知度を増した場合,(2) 影響がいきいきしており,かつ直接に経験される場合,(3) 態度を持続させていた以前の準拠枠が事件の変化によって廃棄された場合,(4) 自分の所属している集団や他の集団に対して動機づけられた関係が変化する場合,などである。態度変容と考える場合,コミュニケーション活動が態度変容に及ぼす影響を無視することはできない。それは,今日までのマス・コミュニケーションの効果研究の中心テーマであり,たとえば,態度変容に及ぼす影響力としては,マス・コミュニケーションよりパーソナル・コミュニケーションのほうが大きな役割を果しているといった数多くの知見が蓄積されてきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

態度変容の関連キーワードコールマン(James Samuel Coleman)テオドーア・M. ニューカムグループ・セラピーフェスティンガーダグマー・モデルアイドマの法則DAGMAR家庭内暴力エリー調査軍事心理学ニューカム対人行動大衆説得補導処分

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

態度変容の関連情報